2011年 08月 26日
初筑波コース1000
昨日は地元なのに今まで見た事さえなかった筑波コース1000に行ってきました。
(旧筑波東コースは何度も走りました)
9/10に行われるドラスタさん主催の弐輪道CUPミニバイク耐久レースの公式練習日だったのです。

今回はOPENクラスで参加なので80エンジンに積み替えです。
先日のエビス耐久レースの疲れも取れないままの準備は辛かったですね。

練習当日は朝から雨がパラパラ降っている微妙な天候。
天気が悪いんじゃ走行を止めようと思いましたが、当日いきなりレースってのもどうかな?と思い、とりあえず筑波に向かう事に。
雨だと走りませんが他の人の走行を見るだけでも違うでしょうからね。

現地についてまず驚いたのがピットの場所。
東コースの時と反対側で、パドックは舗装されており、ピットに屋根も有ります!
あの筑波東コースの面影は全然有りません。
完全に浦島状態・・・(^^;
ピットが開いていたので車を停めて、とりあえずコースを見る。
広い・・・・・それに想像以上にストレートが長い。
ミニコースって感じでは無かったです。

しかし雨は結構強くなってきて路面は一面ウェットに。
雨だと走る気がなかったのでバイクも降ろさずどうするか考えてました。
そのうちミーティングが始まり、参加する。
すると雨が小降りになってきたのでとりあえずバイクを降ろす。
走行開始10分前の事です(^^;

走行時間になりましたが約2時間40分も有るのでゆっくりと準備。
最初の走行はピストン新品の為慣らしと、決勝用タイヤの皮むきですしね。

暖気をしてコースIN。
参加台数は22台と結構多めで、なかなか混み合ってます。
僕と同じ様に初めての人が多いみたいで、ラインもバラバラですね。
気を付けて走行しないと危ないな・・・

慣らしをしつつコースの下見
d0067418_1143233.jpg


ゆっくり走りコースを見る。
雨はパラパラって感じです。
1コーナーはかなりの高速コーナーですね。
ただ最近補修したと思われる路面のパッチが滑ります。
新品タイヤも相まって怖かったですね。
雨だと余計に気をつけないと・・・・

慣らしとタイヤの皮むきを終えて走行終了。
練習用タイヤに入れ替えます。
フロントは中古でリアは新品のBS 601SS YCXです。

2走行目が始まりコースIN。
少しずつペースを上げてみますが、どうにも攻略方法がわかりません。
単純なコースレイアウトだけど、難しいですね。
嫌いなタイプじゃないんですが・・・・
なんかドン曇りで時折パラパラ雨が降ってくる状況だと、グリップしなさそうで怖いですし。
また80ccのパワーだと50の様に思い切りアクセル開けていけないんで、立ち上がり重視のラインを取る必要が有ります。
僕自身80エンジンは昨年末以来なんで、最初は戸惑いました。
どうやら過去のリザルトを見ても80エンジンの美味しいところを使えるコースでは無いみたいですね。
d0067418_11435097.jpg

そして3走行目になりキャブセットを変更してみます。
PWK28でメインを138番から135にして、針の段数を真ん中3段から2段目にしてみました。
するとこれが大外れで中間が薄くて全然走りません。
すぐにピットに戻って針の段数を3段に戻すと普通に走ります。
でもこのセットって冬と一緒なんだよな~・・・・この時期もっと絞れるはずなんだけど。

とりあえずバイクが走るようになったのでなれた地元のライダーのラインを盗んで少し攻めてみます。
40秒フラット近辺で周回、結果39秒7がベストでした。
この練習会での1番時計でしたが、このコースはSP12のEXP達って38秒台で走るんだよな・・・・
凄く微妙なタイムに自信を無くす。
初めてとは言え38秒台には入れておきたかったです( ̄~ ̄)

最終コーナー 侵入してから立ち上がるまで出口が見えないのでコースの外を見ながら走ってます。
悪い見本(^^;
d0067418_11441186.jpg

ストレートに出る時には伏せますが、なんかポジションきつそう(^^;
d0067418_11442634.jpg

あと80エンジンにするとブレーキがすぐに効かなくなりますね。
3走行目はブレーキの握りこみが深くなりすぎて、1ヘアで満足に突っ込めなくなってきました。
やはり前後とも強化する必要が出てきたので、これは対策中です。
そのうちどのように仕様変更したかUPします。

耐久本番は激速ライダーF氏と組むので僕は楽させてもらいま~す!(笑)

by alphin-r | 2011-08-26 11:54 | ミニバイク


<< NSR80化に向けてFブレーキを強化      2011エビスミニバイク4時間... >>