2012年 11月 06日
エビス90分ミニバイク耐久レース ②
朝6時30分起床。
天気は晴れで昨日よりも風が無く暖かくなりそうだ。

エビスサーキットに向かい、ゲートで手伝いに来てくれたえぐっちゃんと合流。
今日はエビス主催のLOVE&PEACEレース併催(ミニバイク耐久がオマケ?)なので600やリッターのスーパースポーツもたくさん来ています。
ピットでバイクなどを降ろして早速作業開始。
フロントフォークと前後タイヤを買える作業です。
もっとも今日はえぐっちゃんが来てるので、僕は作業に加わらず楽させてもらいましたm(_ _)m
d0067418_16574110.jpg

僕らは受付&車検は昨日済ませているので、ブリーフィングに参加して後は10時からのフリー走行&予選に出るだけです。
※ミニ耐久は30分のフリー走行枠が有り、後半20分がタイムアタック形式の予選となっています。

いよいよ走行の時間。
最初はマシン持ち主のピラーニャが出走。
無事にストレートを通過して行き、2周目には16秒台に入っていたので多分問題無いんでしょう。
とりあえず良かった(^o^)
あとはどれだけタイムを出すのか見ていたら昨日のタイムを更新する14秒7を叩き出す ♯ ̄д ̄)
やるな・・・・
d0067418_1657599.jpg

このまま予選時間帯まで走っていればと思ってたのですが、予選開始時間と同時にピットインしてきちゃいました。
マシンは大丈夫だからあとは僕に走れと言います。
実質まともな1号機に乗るのは初めてなので最初はペースを上げられません。
フレが全く収まったわけでも無いので慎重になってしまい、結局15秒2がベスト・・・・あたた。
あと気になるのが息つき症状。
キャブセットが薄いな・・・・
d0067418_16581515.jpg

予選2番手はケンタ君で18秒5
d0067418_16585563.jpg

H本さんは19秒台
d0067418_1659813.jpg

あとは23秒台以下なので後続とのタイム差は大分有るのですが、ピラーニャとのタイム対決に負けたのが悔しい。
決勝はみてろよ~・・・・( ̄~ ̄)

耐久レーススタートは14:30からなので大分時間が有るので他のクラスのレースを見たりしてました。
マスターズクラスは全日本ライダーも出ているハイレベルなクラスなので迫力満点。
自分も昔このレースにYZF-R1で一度エントリーした事が有るのですが、フリー走行1本目でタイヤが固すぎてハイサイド転倒、マシンを壊して出走せずという苦い思い出が有ります(^^;
今はとてもじゃないけど怖くて無理だなあ・・・

他のレースが終わり、いよいよレース開始の時刻。
この耐久はルマン式ではなく、スプリントレースと同じ様なグリッドスタート方式。
耐久はルマン式と言うイメージは有りますが、自分は走るのが面倒なのでどっちでも良しって感じです。

予選1位 ALPHIN&NRF&TML 森/ピラーニャ組
d0067418_16592339.jpg

予選2位 KEN☆WORKS KENTA君
d0067418_16594474.jpg

予選3位 H本さん

d0067418_175781.jpg


レーススタート!
d0067418_170366.jpg

クロスミッションに慣れてないのでスタートで少し出遅れてKENTA君に続き2番手で1コーナー進入。
でも1コーナー立ち上がりでアウトから並んでS字進入までにトップに浮上。
d0067418_171253.jpg

まずは給油ロス予想の30秒以上後続をチギルのみ!と思っていたのだがまたS字で車体が激しくヨレル~(T_T)
予選では大丈夫だったのにどういうことよ?
でも、もうレースは始まってしまったので仕方が無い。
高速コーナーでは無理せず走る様にする。
ペースも16秒近辺。
それでも後続を少しづつ引き離せたが、タイム上げるのが厳しい・・・今回あくまでもタイム勝負のレースなのだ( ̄~ ̄)
10周ほど我慢して走っていたら、だんだんヨレが少なくなってきた様な気がする。
これならペース上げられるかも・・・と徐々にペースアップを試みる。

そして25分を過ぎた頃、ついに14秒台突入!
とりあえずノルマ達成。
あとはピラーニャのタイムを抜くべし!
と、さらに攻めていたら14秒5のサインボード表示!
よっしゃー抜いたぁ~!みたかピラーニャ!( ̄ー ̄)と、とりあえず満足。
しかし実は疲れていたのでその後は15秒台で安全に周回。
約45分の走行を終了、ピラーニャに交代する。

ピットスタッフの話ではピラーニャはかなり燃えていた様で
「やっべぇ!もう転んでもいいから攻めまくってやる!」って言ってたそうです。
無事戻ってくるかな(^^;

しかし陽がだいぶ傾き、気温も下がってきて走行条件はだんだん悪くなってくる。
さすがのピラーニャもペースがなかなか上がらないみたいだ。

途中タンクを指差してジェスチャーをしていたが、次の周は普通にストレート通過。
後でわかったのだが予想以上に燃費が悪くリザーブにしたらしい。
残り時間も少ないのでそのまま走行したらしいけど。
KENTA君は2位を走行していたのだが1時間10分でまさかのガス欠!
緊急ピットインを強いられることになってしまったそうです。
同じNSR80のH本さんは1時間30分持ったんですけどね・・・・後半疲れてペースが落ちたのが幸いしたのか?
エビス東コースは登りがきついのでNSR80でペースが速い場合は燃料多く使うんですね。
90分でも給油が必要みたいです。

ピラーニャは残り時間わずかな時間帯に気合で14秒台に入れ始めたが、14秒8からタイムを上げられ無いようだ。
残り3分、これは勝ちかな?( ̄ー ̄)
と思っていたのだがサインボードを出していたえぐっちゃんが
「キタア~!!!14秒3!!!」と叫ぶ。
げげっ!!!!!!ここにきて抜かれた~!!!!!!♯ ̄д ̄)

次の周のホームストレートでピラーニャはガッツポーズ(中指立ててた様にも見えたが・・・)僕はブーイングサインで答える(笑)
ちっきしょ~もう一回走らせろ~!!!と言っててもそのままレース終了。

ゴール時にも何故か中指立てつつガッツポーズするピラーニャ。
d0067418_1715970.jpg


結果的に2位に3周差をつけるぶっちぎり優勝でしたが、なんか敗北感・・・。
まあ~ここはピラーニャの気迫のライディングを褒めるべきでしょう。
今回は見事に負けましたm(_ _)m
とにかく来年はリベンジ決定!このままじゃ終われないぞ!
でもタイム争いのお陰で最後まで気を抜けない面白いレースになったのは確かです。

手伝ってくれた飛鳥、K子さん、えぐっちゃん寒い中ありがとうございました。
お蔭様で楽しいレースが出来ました。
d0067418_1721382.jpg


レースが終わって翌日ピラーニャが整備していたらクランクケースにクラックとピストンにデトネーションがでている事が発覚。
やっぱりセッテイングが薄かったんですね・・・通常より大分濃いんですが。
もっと濃くしてればトルクも出てタイムも・・・なんて考えるのも後の祭り。
クランクケースはマウント近くなのでヨレのせいなのか原因がわかりませんが。
やはりパワーを出すのはリスクも伴いますね。


こうして9月29日の茂原から続いた耐久3連戦も終了。
茂原優勝、筑波3位、エビス優勝と結果だけ見ればまあ良かったのかな?
内容は反省点が一杯ありますけどね(^^;
これで一応今年のレース活動は終了です(練習走行はしますよ)

2012エビスミニバイク耐久レース参加者の画像はアルフィンカメラマン飛鳥のブログで ※11/6公開になります。

エビスサーキットミニバイク90分耐久レースは参加代金1台10000円で当日フリー走行&予選30分も料金に含まれています。
前日にもフリー走行日が設けられていて、参加者はライセンスなし(運転免許は必要)でも走行可能です。
フリー走行代も保険料500円(1日分)と走行代金30分2000円とMFJ公認ロードコースにしては破格の安さ!
来年2013年は10月に開催予定みたいなので、皆さん参加してみましょう!
ロードコースでは他に無い、敷居の低い、参加し易いレースですよ!(o ̄▽ ̄)ノ

エビスサーキットのHP

by alphin-r | 2012-11-06 11:23 | ミニバイク


<< SHIFTUP N-1サス入荷...      エビスミニバイク90分耐久レース ① >>