2014年 04月 20日
NSR50 ピストン穴あき、キャブ2次エアー吸い
先日ご近所のミニバイクライダーKさんと日光サーキットに走行に行ったのですが、KさんのNSR50が走行途中エンジンが止まってしまい、ヘッドを開けた所この様にピストンヘッドに穴が開いてました(><)
d0067418_1428353.jpg

今までこの様なトラブルを起こしたバイクの場合(SP仕様のNSR/NSの場合)
〇冷却水の入れ忘れ、エア抜き不良、または水漏れによる水温上昇トラブル。
〇キャブとマニホールドの間からエアを吸っている
〇CDIやイグニッションコイル等の点火系異常。
の事例を見た事が有ります。

今回のNSR50トラブルは冬季水を入れたままコンテナ内に保管、凍結によりシリンダーが割れてしまったので新しいシリンダーに付け替えて2回目の走行の事でした。
トラブル後、自分で腰上を組んだとの事ですが、原因がはっきりしないままだとまた同じ様にピストンに穴が開く可能性が有るので、とりあえず店に持ってきてもらう事に。
腰下の割れを疑い、各部オイル漏れチェックとミッションオイルチェック(中で割れて冷却水と混ざっていれば乳化している)、ウォーターポンプ周りの破損など調べましたが問題無い様です。
水の入れ方を聞いても、特に問題は無いみたいですね。

しかし組み上げながらいろいろ話をしていると、以前キャブジョイント部のOリングを潰したのをそのまま組んだとの事。
見てみた所これでした。
d0067418_14282688.jpg

d0067418_14283511.jpg

これだと2次エアー吸いますね(^^;
新品のOリングに変えてエンジン始動。
アイドリングが安定してから念の為にキャブのジョイント部にパーツクリーナーを掛けてみるとエンジンが止まっちゃいました。
あ、まだエア吸ってるな・・・・

外してキャブのマニホールド合わせ面を鉄定規に当てて平面をチェックすると横方向では無く、縦に歪んでいました。
ボルトで締めても上下に隙間が出来ちゃうのでこれではエア吸ってますね。
d0067418_1428594.jpg

この後、状態が良さそうなキャブに付け替えてエンジン始動、チェックしたら今度は大丈夫。

断定は出来ないですが今回のピストン穴開きはこの部分からの2次エアー吸いが原因だった可能性は有りますね。
Kさんは今度の金曜日にトミンで走行してみるそうです。
様子見ながら走ってみてくださいね。
d0067418_1429136.jpg


by alphin-r | 2014-04-20 14:28 | ミニバイク


<< 明日4/23水曜日はお休みです      WP 4014FUSION納期... >>