2014年 06月 12日
NSR電気系不調について
何故か最近NSR系の電気系不調のご相談がやたら多いです。
梅雨だから?なんでろう?

キャブセット、ピストンやシリンダー、リードバルブに問題が無い場合でエンジンは掛かるが回転不調、またはプラグがすぐ死亡するなどの症状が出ている場合は
CDIパンク、IGコイル不調、プラグキャップ不調、アース不良、配線のギボシ接触不良(かなり多い)などを疑ってみてください。

またCDI、IGコイル、プラグキャップには寿命が有ります。
普通に走れるけどパワーロスしている場合も有りますので古い物は交換が無難です。
レースに使う場合は悪くなくても2年ぐらいで交換しますね。
外した物はスペアパーツとして常に持っておくのが良いと思います。

もう一つNSR80でチューニングされている車両にはNSR純正IGコイルだとどうも火花が弱い気がします。
RS125のIGコイルを使うのが常套手段でしたが、アルフィン号ではPOSHのレーシングイグニッションコイルを使っていますが調子良いですよ。
※SPクラスではレギュレーションに合致していません
高いパーツでも無いので是非試してみてください(^o^)
d0067418_1823243.jpg


御注文/ご質問はパーツショップアルフィンまで

by alphin-r | 2014-06-12 18:03 | NSR電装系


<< 明日6/15はもてぎ北走行の為...      エビス LP100レースに出場... >>