2014年 11月 12日
ALPHIN号NSR80 耐久時不調の原因は?
エビスミニバイク耐久時にエンジン不調(スタート後かぶる→その後そばらく粘ってると復活)だったのですが、レース後にキルスイッチ、IGコイル、プラグキャップを交換。
PWKキャブも分解掃除してみました。
シリンダー、ヘッド、ピストンは綺麗な物でしたが、かぶり気味だった為かいつもよりカーボン付着は多かったです。
d0067418_12515316.jpg

キルスイッチを交換したのはエンジンを一度切った後に症状が悪化したのが続いたので、一応様子見で。
IGコイルとプラグキャップはフリー走行時におかしくなった時に純正品に丸ごと交換しても同じ症状が出たので除外。
あとはCDIも疑わしいので繋ぎ変えてチェックかな?

とりあえず今週末日曜日はTC1000にレース応援に行くので、持っていってエンジンをかけてみよう。

by alphin-r | 2014-11-12 12:53 | ミニバイク


<< RH松島FRP製品 納期掛かります      エビスミニバイク90分耐久レー... >>