2017年 02月 06日
関東ロードミニ SPクラス新レギュレーションについて
今年変更された桶川関東ロードミニのレギュレーションですが、周りのライダーが結構混乱してますね。
問い合わせが多いのでうちでも纏めておきます。

話題になっているのが下記の件です

関東ロードミニ選手権SPクラス特別追加規則
5, 2st車両使用者で合計重量が140kgを上回る場合は、Mクラス規定8,エンジン関連-14、9,吸気関連-8の変更を試験的に認める。(KSR80除く)
エンジン関連-14, NS50-F/Rに関しては下記表以外の純正部品の組み合せを試験的に認める。また、それに伴うシリンダーヘッドガスケットの改造、変更は可。
吸気関連-8, NS50-F/Rに関しては、キャブレターの社外品への変更及びそれに伴うスロットルバルブ、インテークマニホールドの変更を試験的に認める。
だたし、その場合のベンチュリー径は20φ以下とする。


エンジン関連14については前期NSR50等の高圧縮シリンダーヘッドが使用可能になります(もちろんメーカー生産終了品)
ガスケットも変更して良いので、これによりポートタイミングの変更、圧縮比の変更が出来る事になりますね。

吸気関連8ですが、アフターパーツの20パイキャブレターに変更可能になります。
ここで注意しなければならないのは純正キャブの加工、大口径キャブのリストリクターでの調整は不可と言う事です(2/6時点で桶川に確認しました)
現時点ではPE20/PC20/VM20に限られる事になります。
d0067418_11190358.jpg
キャブレターに関してはPE20キャブレターASSYとKITACOのマニホールドキットを使うのがスタンダートになるでしょう(アルフィンで販売しています)
リードバルブは純正のままで、リードスペーサーも要りません。

これらの規則変更は基本的にNSRで廃番パーツが出てきている事に対する救済措置との事です。

他にも細かい所が変わっていますので、詳しくはhttp://osl.vc/をご覧になってください。

関東ロードミニ開幕戦は2/26です。
皆、間に合うのかな~?


御注文、ご質問は下記へどうぞ。












by alphin-r | 2017-02-06 11:24 | ミニバイク


<< 今年のレース活動、ミニフェス予...      NSRフルカウル&シートカウル... >>