カテゴリ:POSH デジタル水温計( 5 )

2012年 12月 05日
冬場の水温について
先日お客さんと話していてちょっと勘違いされている事が有るみたいなので記事にしておきます。

お客さんは「冬場はオーバーヒートの危険が無いので夏まで水温計が無くても大丈夫ですよね。
だからその分の予算で他のパーツを買います」と言ってました。

確かに夏場は気温が高く、水温が上がるとオーバーヒートに繋がります。
でも、エンジンの水温管理で一番需要なのは適正なクリアランス状態で走る事なんです。
これはアルミのピストンと鉄のシリンダーの温度による体積変化が異なるために、適正水温範囲内で走らないとエンジンに負担が掛かるからです(アルミは温度変化が大きく冷えると縮みます。鉄はアルミほど変化しない※YOHNSさんアドバイス)
冬場は特に温度差が出る為に注意が必要です。
僕は夏場のオーバーヒートよりも重要視してますよ。

練習走行を見ていると、まともに暖機運転もしないで全開で走り出すライダーが結構居ますね。
するとクリアランスが広い状態で高回転まで回す為にシリンダー、ピストンにかなり負担が掛かります。
それでもNSR/NS50系はエンジンが丈夫なので焼きつきまではなかなか行きませんが、各パーツの寿命をかなり短くしてしまうのは確実です。
エンジンが遅くなるのも早くなるって事ですね。

せめて水温は50度以上に上げてから走りはじめましょう。
NSRminiラジエターだと真冬は半分以上ガムテープで塞ぐ必要が出ますよ。

by alphin-r | 2012-12-05 11:37 | POSH デジタル水温計
2012年 02月 06日
冬こそ水温管理が重要です!
寒いですね~・・・・・去年はこんな寒く無かったですよね~。
さすがにこの寒波で各サーキットもガラガラみたいです。
確かにこれだけ路面温度が低いとタイヤウォーマーを掛けないと厳しいですね。
下手するとウォーマーを掛けていても数周するとタイヤが冷えてしまい、怖い思いをする事が有ります。
峠で走る方なんか、凄いですよね。
多分僕だとビビッてバンクさせる事が出来ません(^^;

とにかくこの時期の走行は慎重に行きましょう。
でも滑るタイヤで練習しておけば暖かくなってからが楽ですよ。
この時期に練習を重ねている人は伸びない訳が無いんです。

寒い時期に気になるのが2ストミニで暖機運転をまともにしないで走り出す方が結構いることです。
夏はオーバーヒートを気にして水温を気にするライダーは多いですが、冬の方こそ水温を気にするべきですよ。
暖気して適正クリアランスになっていないと性能が出ないばかりか最悪焼付きます。
焼付かなくてもクリアランスが充分では無い状態で無理やり回転を上げるとエンジンにはかなりの負担になります。
サーキットにあまり慣れていない方をみていると、水温計を付けていない方が結構いますがやはりマズイです。
水温計は最重要パーツと言っても過言では有りません!
ちゃんと装着して走りましょうね。


d0067418_1614457.jpg


パーツショップアルフィン
取り付けは純正のサーモセンサーを外して付け替えるだけの簡単装着です。
(NSRだったらシリンダーヘッドに付いている金色のパーツ)
シールテープも付属しているので他に用意するパーツは有りません。
センサーを外して付ける時に12mmの専用ソケットが有れば装着は楽ですが、なんとかスパナでも出来ますよ。

by alphin-r | 2012-02-06 16:20 | POSH デジタル水温計
2010年 08月 02日
POSHデジタル水温計の取り付け
サーキット走行では必須のパーツ水温計ですが、取り付けについて注意を。

まず水温計キットやリペアセンサーに同封されているシールテープですが下記のように巻きます。
ネジ部以外のセンサーにはみ出した部分は切っておいた方が良いですね。
要はネジ部からの水漏れ防止です。
d0067418_12111032.jpg

d0067418_12112340.jpg


またNSRの場合、センサーはネジを奥まで入れることが出来ません。
説明書には書いてないので不安に思う方がいらっしゃるみたいですね。
少しネジ部が残るぐらいで大丈夫です。
写真を参考にしてください。
d0067418_12133169.jpg


by alphin-r | 2010-08-02 12:14 | POSH デジタル水温計
2010年 07月 25日
水温の重要さ
暑い!
店にはエアコンが無いんで居るだけで汗がタラタラ流れます。
天然の低温サウナ状態でダイエットには良いかもね。
前向きに考えればだけど・・・

お客さんにNSRでのPOSH水温計の取付け方法を聞かれたので、店のNSRminiアルフィン号の装着写真を撮ろうと水温計スイッチをONにしました。
暖気もしていないのに水温32度ですね。
日向だったら何度になるんでしょ?(^^;

d0067418_9415528.jpg


水温計取り付け方法ですが純正メーターステーにマジックテープを貼り付け脱着出来るように固定してます。
ステー側のマジックテープは全部は接着できませんが、特に問題ありません。
一応保険でハーネスとステーをタイラップで縛ってます。
d0067418_9505557.jpg


NSRでは水温が70℃を超えると明らかにパワーダウンしますね。
出来ればミニの大きいラジエターを入れましょう。
その他にもラジエターに導風板を付けたり、フロントフェンダーを外したり、ヒートブロック等の水温降下剤を入れたり(今もスクアラ○って有るのかな?)この時期の水温対策はいろいろやるに越したことは有りません。

それより水温計が付いてないってのは論外ですよ。
サーキット走行するならば始めに手に入れるべきパーツの一つです。
d0067418_9584599.jpg


 POSH デジタル水温計 アルフィン特価6980円

ご注文はパーツショップアルフィンまで

by alphin-r | 2010-07-25 09:59 | POSH デジタル水温計
2010年 02月 20日
ミニバイクでも水温管理はちゃんとしましょう!
ミニバイクだからって水温管理を甘く見ている方が結構居るみたいですね。
確かにNSR50は水温100度を越しても簡単には壊れません。
知り合いがラジエター水を入れ忘れて5分間走行しても焼きつかなかったという逸話(?)も有ります。

でも、ちゃんと管理していないと痛い目に合いますよ。
水温が80度を越すと明らかにパワーダウンします。
オーバーヒートって一般的にも良く聞くのでエンジンに良くないことはわかると思います。
それよりもやっかいなのが水温が低いまま走る事なんですよ。
特にシリンダー&ピストンには良く有りません。

基本的にエンジンは暖まった時の状態で最適なクリアランス(パーツとパーツの間隔)になる様に設計されています。
金属は冷えている時には収縮、暖まると膨張すると理科で習いましたよね?
冷えている状態でいきなりエンジン回転を上げると、シリンダーとピストンがまだ最適なクリアランスになっていない為に摩擦が大きすぎてエンジンにダメージを与えます。

そういう意味でも暖機運転は大事ですね。
その時にも水温計がないと、話になりません。
良い状態でパーツを長持ちさせたいのならば絶対につけておきましょう。

サーキット走行するマシンを手に入れたなら、とにかく水温計は真っ先に手に入れましょうね。
マフラーとかより優先順位は先ですよ!

パーツショップアルフィン ご注文はalphin.jpまで

d0067418_15461861.jpg


by alphin-r | 2010-02-20 15:46 | POSH デジタル水温計