<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 31日
FTR/グラトラ/SR DNAフィルター穴あけ加工について
未だに当店ではストバイ系のパーツ注文も多いですよ。
その中でも昔から継続して売れているのがスカチューンセットです。
FTR223 グラストラッカー/ビッグボーイ SR400/500 TW225/200用が現在でも販売されています。
(ただし他車種も含めFi車に対応しているスカチューンセットは現在有りません)

スカチューンする場合には例外無くDNAやK&N等の社外パワーフィルターを装着する事になりますが、比較的新しいキャブ車の場合には二次空気調整装置【AIS】が付いています(TW、SR’00以前モデルは除く)
この為に必要になるのがパワーフィルターの穴あけ加工です。

AIS装着車にパワーフィルターを取り付ける場合には、AISからエアクリーナーに繫がっていたホースにブリーザフィルターを装着して、エンジンからのブリーザホースをパワークリーナーに繋ぐ加工をしなければいけません。 ※※FTRとグラトラの場合

ホースとパワーフィルターを繋ぐのにアルミ製の付属アタッチメントを使うのですが、アタッチメントを差し込むために必要になるのが穴あけ加工なのです。

FTR223のパワーフィルターの穴あけ加工の手順とアタッチメント装着を写真で載せてみます。

必要なのは12mm径のドリルです。
d0067418_16351288.jpg

穴を開けます。
d0067418_16352990.jpg

穴が開きました。 付属のアタッチメントを取り出します。
d0067418_16355211.jpg

内側から差し込みます。
d0067418_16364787.jpg

加工完了です。ここにクランクケースから出ているホースを繋ぎます
d0067418_16371229.jpg


以上の様な流れです。

ただ、12mmのドリル歯を持っている方はなかなか居ないと思いますので、アルフィンでは上記加工を無料で行っております。
もちろんグラトラ、SR’01以降の場合にも加工します。
必要な場合には御注文時にお申し付け下さい。

パーツショップアルフィンのページ

by alphin-r | 2010-03-31 16:43 | スカチューン
2010年 03月 27日
明日28日(日曜日)は外出します
明日28日 日曜日の日中は外出するので店に居ない時間帯が有ります。
その間のお電話等はお受け出来ませんのでご了承下さい。
夕方5時以降には店に戻ると思います。

by alphin-r | 2010-03-27 11:06 | 業務
2010年 03月 24日
リブラプロチャンバーコーナーリニューアル
今までのリブラプロチャンバーコーナーはちょっと見辛い部分が有ったので、整理してみました。
アルフィン リブラプロチャンバーコーナー
適合車種など少しわかりやすくなったと思います。
各チャンバーで選べるサイレンサーの色も一目でわかると思います。
d0067418_11201230.jpg

d0067418_11202446.jpg

d0067418_1120381.jpg
d0067418_11204628.jpg


画像はPHOTOSHOPで自作しました。
ちょっと重くなったのが気がかりですが・・・・

by alphin-r | 2010-03-24 11:23 | LIBRAPRO
2010年 03月 17日
MIDLINEテーパーフランジ Test1
先日のトミン走行でやっとテーパーフランジ装着状態で乗る事が出来ました。
しかし乗り手があまりに久しぶりな為、正直自信を持ったインプレが出来ません(^ ^;
まだこの先のテストが必要だと思います。

でも悪い物では無いことは確かです。
まずエンジンを掛けて空ぶかしした時に音が太くなったような気がします。
走行では実際コース上に走っているミニバイクに比べても速かったです。
一台ボアアップか80ccと思われるNSRが居たけど、ストレートでも負けてませんでしたから。
あと回転の谷が無くなった様な気がしますね。
トルクが増したからか、回転がスムーズになったからか?
今度は同じぐらいのペースのバイクとコース上で比べてみたいですね。

今回はリブラプロのフランジとの比較も載せてみます。
黒っぽいのがリブラM9のスタンダートフランジで、シルバーのがMIDLINE高速用です
d0067418_1559193.jpg
d0067418_15591192.jpg


チャンバー取り付け側の口径は同寸です。
違うのはシリンダー側の内径で、MIDLINE28mm、リブラフランジ26,5mmです。
画像でわかるでしょうか?

この少しの違いが結構重要になる場合が有ります。
NS系シリンダーの排気口の穴位置には誤差が有るみたいんですよ。
外れだとフランジが排気口からずれて装着されてしまう事も有るみたいです。
自分が持っているスペアシリンダーはなんとかギリギリでしょうか。
シリンダーによっては通路に段差が出来てるかも知れませんね。
その場合はやはりパワーが抑えられてしまうのは否めないでしょう。
SPクラスの場合あまりにもずれていてフランジと被っちゃってるのはフランジ側を削るか、シリンダーを変えるかの必要が出てくるでしょう。
若干のずれの場合もMIDLINEの方が口径が大きいので若干調整の余裕が有ります。
d0067418_1652439.jpg

d0067418_161414100.jpg

またシリンダー取り付け側のガイドが長いためにシリンダーとフランジの接合部に段差が出来ないのも特徴です。

まだまだ模索が必要ですがちょっとでも人とは違うものを試してみたい方どうぞ。

by alphin-r | 2010-03-17 16:26 | NSR/NSテーパーフランジ
2010年 03月 16日
NSR50/miniのクラッチについて
NSR50/miniはSP仕様と言えども(チャンバー交換、直キャブ)かなりのパワーが出ます。
出力が上がると、クラッチがノーマル状態だと耐え切れなくなるんですよ。
俗にいう「クラッチが滑る」状態です。
走行中に半クラッチを使った時のように回転が勝手に上がる場合(特にシフトアップの時)はクラッチの滑りを疑った方が良いですね。


前期型NSR50はノーマルで3枚状態なので出力向上にクラッチが全然付いてきません。
NSRminiや後期NSRの4枚クラッチ仕様でさえ、エンジンパワーが出てくると強化スプリングを入れる必要が有るぐらいです。
自分も買ったときに装着されていた某メーカーのチャンバーからリブラM9に変えたとたんにクラッチが滑り始めました。
滑るって言う事はパワーを喰われているという事ですから良い事は無いですね。
エンジン回転だけ高くなって加速しません。
当然タイムも伸び悩みます。

チャンバー装着車にはクラッチの強化が必須と言えるでしょう。
逆に言うとノーマルクラッチ状態でチャンバーを装着しているのに、クラッチが全然すべらない状態と言うのはパワーが出ていない状態という事が言えるかも知れません。

NSRmini・NS50R・NSR後期の4枚ディスクの場合はクラッチスプリング変更、ディスク交換時には強化クラッチ板を入れる(純正のが減ったらでOK)
NSR50前期の場合にはミニや後期のクラッチ一式を移植、またはPOSHのレーシングクラッチキットを入れる事になります。

d0067418_1555389.jpg


パーツショップアルフィンで今月中は特価販売しているので、交換を考えている方はこの際購入しましょう!

by alphin-r | 2010-03-16 15:56 | POSH
2010年 03月 12日
今年初走行 トミンサーキット
やっとサーキットで走れました。

しかし木曜日なのに台数は26台と大盛況!
しかもサーキット初体験のライダーと思われる方も大勢居て、ちょっと走りづらかったです。
ライン取りなんかはこちらで気をつけてあげるとしても驚いたのがコース内でヘルメット脱いじゃう人やグローブしないで走る人が出た事。
当然赤旗中断です。みんなビックリしてました(^ ^;
峠や公道の感覚なんでしょうね。
でもサーキットのルールがちゃんと有るんです。
他の人にも迷惑掛けるし自分も危ないのでルールは守りましょうね。
サーキットのHPにいろいろ規則が書いてますのでもう一度見てみましょう。
※追記
HPを見てみたらコース内でメット脱ぐのはダメとは書いてないですね。


さて、話は戻って自分の走りですが骨折明けだし、台数も多いのでいつもよりも大分控えめで走りました。
そんなもんでタイムは平凡な29秒台です。
まあ~こんなもんでしょか。
また後半はファイターOのNS50Rを借りて乗ってみました。
面白いですね17インチ。

また今回は東京から友人のカメラマンO氏が撮影に来てくれました。
サーキットに来る途中1時間も迷ったそうです。
ご苦労さまでした。

O氏撮影
d0067418_15503743.jpg

d0067418_15505267.jpg

仲間のデカチョーさんと顔合わせの瞬間もばっちり撮ってましたね(^-^)
d0067418_1335720.jpg


しかし、寒い時期のタイヤのグリップがどうも良くない気がします。
1コーナー、ヘアピン立ち上がりでフロントの接地感が有りません。
昔のビックバイク用タイヤのコンパウンドに似たフィーリングです。
前回飛ばす前に思いがけず転んだのも、いきなり対処できないような滑り方をしたからなんですよね。
以前はこんな事無かったんだけど、どうも昨年辺りからBT601SSのコンパウンドが変わってるような・・・・

by alphin-r | 2010-03-12 13:13 | ミニバイク
2010年 03月 10日
明日はトミンに行く予定。
明日は天気が良さそうなのでトミンに行く予定です。
でも今日の様子だと寒そう(^ ^;
今年初乗りなので体慣らしって感じで行くつもりです。

あまり走行には関係無いのですがアルフィン号のカウルを先日ドレスアップしました。
こんな感じです。
d0067418_16123064.jpg


わかるでしょうか?アッパーカウルの内側を黒く塗ったんですよ。
昔からレース仲間内では塗ってました。
もちろん前記事のNSR250R SP車も黒くしてます。
塗ってると修理がしづらいと言う話も有りますが・・・・

内側が黒いとしまって見えるし高そうなカウルに見えるんですよね。
ちなみに缶塗料を刷毛で塗ってます。
使用済みのカウル内側は油分が有る為にスプレーだと塗料が弾かれてしまい上手く塗れない事が有るんです。
仲間内では刷毛塗りも伝統です(笑)

練習用のカウルも有るので(昔ヤフオクで買った薄いのだけど)練習ではあまり付けて走らないかもw

by alphin-r | 2010-03-10 16:26 | ミニバイク
2010年 03月 07日
NSR250R(MC21)SP250ccレース仕様車
今日は自分が1993~1997年まで乗っていたNSR250Rを紹介したいと思います。

1993年に新古車のSSフクシマコンプリート車を購入。
それまではRS125で遊び程度に乗っていましたが、このバイクを手に入れてから本気度が変わりましたね。
エビス選手権シリーズチャンピオン、関東選手権ランキング7位を獲得しています。
ベストタイムは筑波で1分3秒フラット(T-T)、エビスで1分1秒5でした。
当時のSP250ではプライベーターながらに頑張ってたと自負しております。
※その後TZR250R-SPに車両チェンジ

カラーリングは3度ほど変わりましたが最終形態はこんな感じになっています。
d0067418_1152694.jpg

派手派手ですね。当時サーキットでも「どうしちゃったの?」って言われました(笑)
現在でもアルフィン店舗のオブジェとして鎮座しています。
雑誌にも何度か載ったので見た事有る人も居るかも知れませんね。

SPレース仕様なので基本的にレギュレーションに沿った仕様になっています。
主なアフターパーツとして
RS250ビックラジエター、POSHステアリングダンパー、RTコシカワフロントステップ、SPOTFRPフルカウル、HRC水温計、SSフクシマプロトタイプチャンバー(エルフ用改)、ドッグファイトサイレンサープロトタイプ(ハイオク用)等が装着されています。
サイレンサーはアブガスからハイオクにレギュレーションが変わる時にテストしたものをそのまま使用しています。だからアルマイト無しのシルバーなんですよ。
普通のよりもサイレンサー出口が1mm太かった覚えが有ります。
d0067418_1235564.jpg

d0067418_1241094.jpg


当時は生活のすべてを掛けて一生懸命レースやってたなあ・・・・
あんなレースのやり方はもう出来ないな(^ ^;


以上、天気が悪くて寒いので回顧録でした。

1997年筑波サーキット SP250ccクラス決勝
d0067418_1264087.jpg


by alphin-r | 2010-03-07 12:14 | ロードレース
2010年 03月 05日
バッテリー充電器
必要だとわかっていてもいざ買うとなると躊躇してしまう物の一つにバッテリー充電器が有ります。

冬の間にほとんどバイクに乗らない人は必需品なんですけどね。
ご存知だと思いますがバッテリーは置いておくと放電してだんだん性能が落ちていきます。
特に寒い所にずっと置いておくと寿命が短くなります。
毎日の様にバイクに乗る場合には走行しながら追充電もされるので比較的長持ちしますが、お住まいの地域によってはそうもいきませんよね。
長い間、乗らない場合には車両から外して暖かい室内で保管する方がバッテリーには良いです。
そしてまた使う時には補充電した方が良いですね。

TWやグラトラなどのMFバッテリー仕様スカチューンの場合にもミニMFバッテリーを使う場合が多いのですが、容量がノーマルに比べたらどうしても小さいです。
やはりいざという時の為にも充電器が有った方が安心ですね。

12V車両のほとんどのバッテリーに対応している充電器なので一家に一台、せめて友達と共用で一台どうでしょうか?

PROSERECT バッテリードライバー アルフィン価格5980円
d0067418_15553918.jpg


●フルオート充電で難しい電流調整が不要です
●バッテリーの+-の接続を間違えても保護機能が有るので安心です。
●充電完了になると自動的にバッテリーに負荷を掛けないフロート充電に切り替わります
CE規格 PSE規格 LET規格合格
適合バッテリー 電圧12V 容量2.3h~ 交流入力100V 0.35A 直流出力12V 1.2A
安心のメーカー1年保証付です

ご注文はパーツショップアルフィンまで

by alphin-r | 2010-03-05 15:58 | バッテリー
2010年 03月 03日
走行予定
とりあえず3月11日の午後にトミンサーキットで走ろうと思ってます。
今年初走行でリハビリ走行なんで無理しない様にしなきゃ・・・・

当日寒すぎたり、天気が悪かったら止めちゃいます。
僕は走り始めると、条件が悪い場合でもいつものタイムを出そうとムキなって転ぶのが得意技なので(^ ^;

決行かどうかは前日夜までのブログで書きます。

by alphin-r | 2010-03-03 11:10 | ミニバイク