2011年 10月 19日
NSR/NSFのサスペンション
自分の走りのレベルが上がってくるとバイクの足廻りが気になるのが普通です。
純正サスやシフトアップのリアサスで走りこんで、その次はどうしよう?と悩む方が多いみたいですね。
今、僕がお奨めしているのが2種類です。

NSRmini/NSF100純正サスペンションをチューニングすると言うものです(NSR50/80純正は不可)
SHOWAプロサスペンションショップBLITZ SCHNELで加工します。
内部仕様を変更して、純正とはまるで違うサスペンションに生まれ変わります。
先日、桶川スポーツランドで行われたSP12 EXPクラスで2位に入った浅川岳選手もこの純正チューンサスペンションを使用しているんですよ。

依頼はアルフィンでも受け付けてます。
当店にサスを送るか持ち込んでください(当店への送料はお客様負担でお願いします)
加工代は送料、代引き手数料込みで15750円です。

この価格なら定期オーバーホールも兼ねてやってしまうのが良いかも知れませんね。
※ただし分解してみてロッドが曲がっていた等、新たな部品交換が必要な場合は別途費用が掛かります。
※当店に届いてから返送するまで約2週間ほど時間をみてください。
※i-factoryのチューンサスもSHOWA改造仕様なので同じ様なチューンが可能ですが別体タンクを持っていない場合は別途料金が掛かります。

このステッカーがBSチューニングの証です
d0067418_1026752.jpg



次は言わずとしれたWP 4014 FUSIONサスペンションです。

d0067418_10291192.jpg

モトチャンプ全国大会SP12 EXPクラスでは5年連続ポールポジション獲得、今年は惜しくも2位でしたが昨年まで4連勝を達成してました。
今年度の入賞車の装着率も一番多かったみたいですね。
また鈴鹿ミニモトでも4連勝してます。
性能に関しては文句の付け所が無いでしょう。
d0067418_10281842.jpg

アジャストもコンプレッション側でHI/LOが有ったりセットの幅が広いです。
d0067418_1028021.jpg

ただ今の所、何故か関東ではそれほど装着率は高くないんです。
それは販売窓口が少ないからみたいですね(それと関東はクワ信者が多いですからね~)
窓口の少なさは日本販売元MCインターナショナルが関西にあるのが影響しているのでしょう。
当店ではお客さんの紹介で6月ぐらいから扱い始めたのですが、問い合わせやお買い上げ頂く方がだんだん増えてます。
やはり興味は有ったんですね。
心配なオーバーホールはMCインターナショナルに送れば出来ます。
アルフィンではNSR/NSF用WP4014FUSIONサスペンションを送料無料、代引手数料無料で121800円で販売しています。

お問い合わせ、ご注文はパーツショップアルフィンまで

by alphin-r | 2011-10-19 10:40


<< ALPHIN NSR2号機      NS50F/NS50R用アルミ... >>