2018年 09月 19日
ガソリンの話 for 2ストロークエンジン
2017年に「最近のハイオクガソリンは2ストロークエンジンで不具合が出やすい?」という事を話題にしましたが、最近その件を知らずに悩んでいる方が結構いるみたいなので再度記事にします。※内容は上記リンクをご覧ください。
d0067418_14372960.jpg

とにかく前回の記事を読んでレギュラーGSに変更してからエンジン不調が無くなった方が多いのは事実です。
思い当たる方は試しに変更してみては如何でしょうか。
ただしガソリンの品質は地域によって差が有るらしいので、ハイオクGSで問題が出ない地域・ブランドも有るみたいですね。
ですから今、特に問題が無い場合はレギュラーGSに変えなくても良いと思います。
ちなみにALPHINではShellのレギュラーGSを使用しています(書けませんが幾つか理由が有ります)

ハイオクGSからレギュラーGSに変更する際に心配されるデトネーションや焼き付き等のトラブルですが、ALPHINのOPEN仕様NSR80でもレギュラーGSを使い始めたここ1年でトラブルが起きた事は有りません。
圧縮比が低い2st50ccSP仕様車の場合はレギュラーGSを使用する事によるデトネーション発生はまず有り得ないでしょう。

またオイルは皮膜の強い物を使った方がやはり無難だと思います。
パワーが出ると謳っているオイルの中には、部品の持ちと言う点で良くなさそうなメーカーも見られますね。
アルフィンでは実績と信頼性でelf HTX976+を薦めています。

d0067418_11542694.jpg



by alphin-r | 2018-09-19 09:00 | その他


<< NSR/NS プラグキャップについて      9/30トミンミニフェスAコー... >>