2018年 11月 27日
NSR50.mini.80/NS50の電装について
問い合わせが多いので過去記事を改訂して再UPします。
注)これはNSR/NS系50~80ccエンジンのアナログ電装に関しての記事です

NSR/NSでサーキットを走っている方で、エンジンOHをしたりチューニングパーツを入れてもマシンが速くならないと感じている方は結構いると思います。
原因はいろいろあるでしょうが、かなり多いのが電装系の劣化によるトラブル。
遅いだけで無く、プラグが頻繁にカブったり、走り始めは良いけどエンジンが暖まると調子悪くなったり、その逆の症状が出たり等もします。
とりあえず走れる事が多いので、原因がわからずなかなか厄介です。

サーキットを走る場合は数年毎に電気系全部を変更してしまうのが良いですし、結局時間とお金をを無駄にしません。
NSR/NS系のレースに必要な電装は、社外品を使えば全て新品で揃えても30000円でおつりが来ます(廃番パーツは除く)
また、今は大丈夫な場合でもスペアとして確実に動く電装を一式揃えておくのが望ましいです。
いざ走行に行って突然調子が悪くなり、一日を無駄にするのは勿体ないですしね。

NSR/NSをサーキット専用マシンにした場合、電装の概念図は下記になります。
あとは純正フライホイールが有ればエンジンは掛かります。
保安部品が無いと非常に単純な配線ですね。


d0067418_15510519.jpg


必要なお奨めパーツは下記になります(プラグからステーター迄)

NGK B9EG(BR9EG)レーシングプラグ
d0067418_15494254.jpg

CFPOSH レーシングイグニッションコイル+シリコンコード&プラグキャップセット(アルフィン品番A-N03)
d0067418_15503950.jpg

CFPOSH 黒POSH CDI+SPレーシングハーネスキット(アルフィン品番A-N01)
d0067418_15505754.jpg
d0067418_15505133.jpg

CFPOSH 補修用点火コイル(品番220860)
※ステーターベース、パルスコイル、フライホイールは純正を再利用
d0067418_15504663.jpg

この他にCDIを可変式のプロPOSHに変えたり、IGコイルをCFPOSHのEVOに変えるとさらに電気系のチューンが出来ます。
※アルフィンNSR80はEVO+ブレイデッドコードにしています。
d0067418_16064681.jpg
プラグがかぶり易かったり、部品の持ちが悪かったり・・・
アルフィン号では現在NSRmini、NSR80両方ともレギュラーガソリンを使用しています。


その他ご質問、ご注文はパーツショップアルフィンまでどうぞ!




by alphin-r | 2018-11-27 10:46 | NSR電装系


<< XR100モタードST100仕...      NSR85cc化について >>