2018年 10月 27日
壊れたNSR50エンジン
先日トミンで一緒に走っていたIさんのNSR50ですが、エンジンからガタガタと異音がしはじめたのでIさんはすぐに走行を中断しました。
現地でシリンダーを外してみても、見た所では異常は見当たりません。
でも手でクランクシャフトを回していると何かに引っかかった様にロックする事が有ります。

フライホイール側、クラッチカバーを外してみても特に問題無し。
これは中だよな・・・と、やまっちさんに送り、チェック&OHを依頼しました。

で、結果が下です↓
d0067418_16125035.jpg

右クランクサイドベアリングが壊れてます。

d0067418_16130739.jpg

Rクランクケースも削れてご臨終・・・・

d0067418_16131224.jpg
この腰下は某オクでOH済みと謳ったのを購入してそのまま使っていた物です。
サンドブラストされて見た目は綺麗なんですよ。
そのサンドブラストがケースの中にも施してあるのですが、どうも磨き砂をちゃんと取らないまま組んだのか結構残ってます。
また残り砂がケースを削って出来たであろう細かいアルミ粉みたいなのも有ります。
これらがベアリングに徐々に溜まって壊れたみたいです。

アイドル軸もずれていて、バランサーベアリングもガタが出ていたみたいです。
これは組み方か?

外が綺麗でも、こんな落とし穴も有るんですね~。
知合いじゃ無い所から中古エンジンを手に入れたら、やはり一度開けてみるのが良いみたいですね。




by alphin-r | 2018-10-27 09:00 | ミニバイク


<< 2018エビスミニバイク90分...      NSR85 経過 >>