2019年 06月 05日
もて北耐久
もうレースが終わってから3日経ちますが、レース後の月曜日からずっと仕事が忙しくてレポも書けませんでした。
今回カメラマン飛鳥が同行できなかったので写真を一枚も撮っておらず、書く気が起こらなかったのも有りますが・・・

自分の左肩の怪我ですが、とりあえずバイクには乗れました。
ただラップタイムはベストの1秒落ち程度です。
腕の角度によってはかなり痛いので、終始左肩を労わりながらのライディングをしていましたが、これはタイムが出ない言い訳にはならないと思います。
それより『転ぶとまずい』とメンタル面で弱気になっていたのが敗因です。
若い頃はそんな事は忘れて夢中で走れたのですが・・・

番長も今回調子が悪かったですね。
耐久本番スタート30秒前に、レギュレーションでは禁止とされていない『ギアを入れてマシンを抑える人(僕)がクラッチを握って待機する方法』が急に禁止と言われて、今まで番長がやった事の無い『マシンにまたがってからのギア入れ』を強いられる事になりました。
これによりスタートで大きく出遅れてしまいリズムが狂ったみたいです。


レースはイエロー無視ペナルティーで計2周減算も有り、過去最低順位。
いろいろ反省する事が多いレースでした。

今回TOPグループはスプリントレースさながらのハイペースでした。
この人達に勝つのは相当大変だと思い知りました。
今度はもっと練習しないとね。
10月に消費税が上がらなければ9/29の最終戦に出れるんだけどな・・・





by alphin-r | 2019-06-05 13:40 | ミニバイク


<< NSR50/80リブラプロチャ...      アルフィン 6月営業カレンダー >>