カテゴリ:LIBRAPRO( 26 )

2019年 03月 18日
リブラプロチャンバー サイレンサーについて
リブラプロチャンバーでオプション設定になっているカーボンケプラーサイレンサーですが、材料製造元の都合により生産終了となりました。
今後はM15で使われている新型のドライカーボン仕様での販売になります。

新型ドライカーボンサイレンサー
軍事用品からのフィードバックでカーボンケプラー製に比べて強度は約1.5倍となります。
さらにドライカーボンより軽量です。

d0067418_17401663.jpg
d0067418_17214562.jpg



下の写真は今までのカーボンケプラー製です 黄色いケプラー糸が表面に見えます
d0067418_17394445.jpg

価格はカーボンケプラー製より2000円ほどUPになります。



by alphin-r | 2019-03-18 17:44 | LIBRAPRO
2019年 01月 30日
チャンバーのOH時期&買替え時
リブラプロさんに出していたBARK-SP M9チャンバーのOHクリーニングが出来上がってきました。
今までは3年程でチャンバーを買い替えていましたが、最近50ccに乗る回数が減っているのでこのチャンバーは5年ぐらい使っています。
しかし以前に比べてパワーが出て無い感じがしたのと(エンジンはM15に替えると調子が良い状態)エンジン始動時の白煙が多いのも気になっていました。

リブラプロさんにチャンバーボディーを開いて貰ったら、膨張室内部後端に細工されている筒状の壁に多数空いている穴が半固体状の物で一部小さくなっていたとの事。
どうやら以前チャンバーのテストを繰り替えした時にエキゾーストパイプ内側のOリングを再使用して使っていたので、毎回耐熱液体ガスケットを多めに塗っていたのですが、その時に余分にはみ出した液体ガスケットがチャンバー内部に徐々に蓄積されていったみたいです。
排気漏れを嫌ってやった事ですが、塗り過ぎは良くなかったという例です・・・
バーナーで焼いてもらい、内部は綺麗になりました。

この様な例も有りますが、2stのチャンバーは使っているうちに自然にカーボン等が溜まっていく物です。
軽度な場合はカーボン落としで取れる場合も有りますが、内部に仕掛けが有るチャンバーの場合は十分には取り切れないみたいですね。
昔のチャンバーは内部に仕掛けが無い筒状だったので掃除がしやすかったですが、リブラプロだけでなく最近の50ccのチャンバーは内部に仕掛けがしてあるものが多いです。
(テールパイプからUSBスコープを入れてみると仕掛けの構造がわかります。興味のある方は見てみてください)
チャンバーが本来の性能を取り戻すには、膨張室を一度切っての掃除が必要になります。
ただオーバーホールに掛ける費用と時間はそれなりに掛かるので、本気でレースに出る方はある程度使ったらチャンバーを売って、定期的に買い替えを行うのが良いと思います。
新しいチャンバーと、古いチャンバーではドライバー等で叩くと音が違うのですが(新しい方が甲高く、古い物は低い)この音も性能的に大事な事らしいですよ。
買い替えかOHするかの目安になりますね。
d0067418_11053246.jpg
ご注文、ご質問はパーツショップアルフィンまで









by alphin-r | 2019-01-30 09:00 | LIBRAPRO
2015年 03月 05日
リブラM15とM9どっちが良いですか?
これ非常に良く受ける質問です。
この2本は全然性格が違うので、使い分けした方が良いのは間違いありません。
が、、、予算(おこずかい)に限りが有るミドルエイジなライダーが多く、2本持ちは厳しいのも実情。
最初のリブラプロでどちらを買おうか迷っている場合には、自分はオールマイティーなM9を奨めてます。

M15はM9に比べてエキパイの径が約1mm細く、対して膨張室は約3mm太いです。
テールパイプから後ろは同様みたいなので絞りはキツイですね。

M15とM9
d0067418_16332936.jpg


LIBRA★PRO BARK-SP M15
M15の特徴としてはM9に比べて単純にパワーが出ます(ほとんどのコースで最高速も上がります)
ただトルクが出る回転域が高いので、カートコースや初中級ライダーでは回転を保てず乗り辛かったり、EXPライダーでもカートコースのレースの競り合い中に失速するとリカバリーが厳しくなる傾向がみられます。
タイムは出せるけど実戦で使うのを躊躇うEXPが多いのはそういう事でしょうか?
対してロードコースではパワーを生かしてタイムアップするのは容易です。
自分が走るコースだと例えば茂原東コースや日光サーキットだとM15の方が良い感じです。
トミンBコースだとM9の方が乗り易いですね(個人差があると思います)
d0067418_16322264.jpg


LIBRA★PRO BARK-SP M9
M9は熟成されたチャンバーで高回転も回りつつトルクも有るのですべてのコース、すべてのレベルのライダーに今でも適合します。
迷ってるのだったらM9にしておけば間違いないですよ!
d0067418_16323382.jpg


実はリブラプロさんでM15が完成した時にM9は無くすつもりだったみたいなんです。
それはまずいと僕が頼み込んでM9を残してもらいました。
M15は優れたチャンバーですが、乗りこなすのが難しいチャンバーでも有ります。
カートコースONLYのライダーや初中級ミニバイクライダーが増えていたので、まだまだM9の需要が有ると見越して頼んだのですが、どうやら予想は当たったみたいです( ̄▽ ̄)
現に当店では今でもM9の方が売れてるんですよね~。

M15とM9それぞれに適した各箇所のセッティングが有ります。
当店でお買い求めのお客様にはアドバイスしますので、聞いてみてくださいね。

御注文はパーツショップアルフィンまでどうぞ。

by alphin-r | 2015-03-05 09:45 | LIBRAPRO
2013年 08月 30日
リブラプロM-15について
LIBRA☆PRO M-15チャンバーの2013 8月時点の個人的インプレです。

まずジェットは夏場35°を超えた状況でも108番から絞らない方が高フィーリングでした。
M9は夏場105番に変えた方が良い時が有ったんですけどね。
M-15は高回転を回すチャンバーなので、ジェットが濃い目の方が調子良いのでしょうか?
冬場は逆に110番も使ってみようと思います。
針だけは2段目から1段目を状況によって変えました。
スローは終始40番でOKでしたね。
これも冬場は42番を試したいと思います。

またクロスプレートですが入れない方が個人的には良い感じでした。
入れると高回転が少し大人しくなるような?
加速重視にしたい場合はファイナルを若干ショートにしてみると、M15は夏場でもタイムの落ち込みが少なかったです。
高回転の元気の良さがM-15の特徴なので、これを生かすようなセッティングを心がけた方が良いと思いますね。
d0067418_13495177.jpg

これから涼しくなってタイムを出しやすくなったら今までの自己ベストを更新出来る様に頑張りま~す(^o^)

by alphin-r | 2013-08-30 13:49 | LIBRAPRO
2013年 06月 17日
リブラプロM15とM9
今年、満を持して発売されたLIBRAPRO M-15チャンバーですが、すでにたくさんのお客様が使用されています。
付替えただけでパワーが増した!という意見が圧倒的多数ですね。
しかし、実績の有るM9か新しいM15かで購入を迷われてる方が未だ多いんですよ。

d0067418_12162582.jpg
M15ですがピークパワーは間違いなくM9より有ります。
最高速もロガー計測上でM9より出てますし、多くのライダーはパワーの増加を体感で感じられる筈です。
関東なら筑波1000、もて北等の高速コースや高回転をキープして走る事が出来るライダーならM15で迷う必要は無いと思います。
またM7プラスと比べると全域で良くなったと考えて差し支え有りません。

ただ初心者の場合ショートコースでは低速トルクが薄い(M9に比べて)のと、ストレートが速くなる事によりブレーキングが難しくなってリズムを掴み辛くなり、タイムが思うように伸びないという事も有るみたいです。

また、雨の場合は低速トルクの有るM9の方が乗り易いのは否めないですね。
先月の茂原耐久は雨だったのですが、練習で好調だったM15は外してMIDLINEショートテーパーフランジ装着のM9にしました。

理想はコースや状況に応じてチャンバーを使い分ける事ですが、どちらか1本を選ぶとすると上級者にはM15がオススメです。
初心者は走るコースによって選んで貰う事になりますがM9でも戦闘力は充分あるので、上達するまでM9の方が良いかも知れません。
初心者でも『自分はまだまだ速くなるぜ!』と思っている向上心の有るライダーは是非M15に挑戦してみてくださいね(^o^)


また好評のMIDLINEテーパーフランジですがM15には使用できませんのでご注意を。
今までの結果35mmショートはM9と相性が良く、M7プラスには40mmスタンダートが良いみたいです。
M-15に買い換えしない方にはオススメですよ!

d0067418_12173100.jpg


パーツショップALPHIN WEBサイト

by alphin-r | 2013-06-17 12:19 | LIBRAPRO
2013年 05月 07日
LIBRAPRO リブラプロM15チャンバーインプレッション
GW中は5/4トミン走り放題DAY、5/6茂原ツインサーキットの練習と、珍しくバイクに2回も乗ったのでネタが満載です。
カメラマン飛鳥の撮影した膨大な量の写真の整理が終わってないので、まず皆さんが気にしているリブラM-15チャンバーのインプレを書きます。

最初に言うと
 
このチャンバーはお奨めできません!
特に関東圏で走っているSP12ライダーには使って欲しくないです。


理由は

このチャンバーつけるとマシンが速くなっちゃうからです(爆)
だって同じ位の腕のライダーに装着されちゃうと、アドバンテージが無くなっちゃうもの~(笑)

冗談はさておき、付け替えるだけでこんなに変わっちゃうのか~・・・と驚きました。
完成されていたM9から長い間モデルチェンジをしなかったリブラプロが、この時期になって新型を出した理由がわかります。

最初のテストは5/4のトミンでしました。
1走行目はM9で走行。
ロガーでデーターを取っておきます。

2走行目にM15を装着。
チャンバーの全長がM9より長いかな?
M-15
d0067418_9583987.jpg

M-9

d0067418_9592472.jpg


エンジンを掛けてみるとM9よりも乾いた排気音をしてます。
音が大人しめのM9と比べて気持ち良いサウンドですよ(^o^)
実走行を始めると事前情報では下のトルクが無いと聞いていましたが、Bコースではコーナーでの使用回転域が高いためかM9とそれほどの違いは感じられませんでした。
そしてパワーバンドに入った時に「おお~スゲエ~!」と感嘆。
ストレートでシフトアップ時に回転の落ち込みが少なくグイッと前に出る感じです。
一緒に走った周りのライダーからも伸びが有る感じでマシンが速い!って言われました。
ちなみにエンジンは調子が2号機よりも劣る1号機エンジンのままです。
これが気のせいで無いのは店に帰った後、GPSロガーで最高速のデーターを比べてみましたら2本のストレートで1~2km/hもM-15の方が速かったです。
M-15 ではメインストレートで80km/h超えを連発してました。

翌々日の5/6には茂原ツインサーキット東ロングコースでの走行。
このぐらいのサーキットだと完全にM-15の方が良さそうです。
登り勾配のきついメインストレートでも失速せず気持ち良く加速しました。
NSR50 チューニング仕様のピラーニャ号と比べてもメインストレートで負けてませんでしたね。
(もっともピラーニャは体重68kg、僕は58kgと差が有ります)
見ていた周りからもチャンバーでこれだけ速くなるのか!と驚いていたようです。
ただ、6速から3速に落とすようなコーナー(2コーナーや奥のヘアピン)の立ち上がり加速は正直M9よりタルイです。
スピードに乗るまでちょっと時間が掛かりますね。
まだパワースライドプレートを入れてないので改善の余地は有るでしょうが、点火時期を進めるかファイナルの選定を通常よりショートに振る必要が有るかも知れません。
でも酷い落ち込み方ではないので、上手なライダーなら気にならないかも(僕はヘアピン下手です)。
とにかくスピードに乗ってからのパワーが圧倒的なので、ここでもM-15の方がタイムが出やすいのは明白です。
実際予想していたラップタイムよりも好タイムを出す事が出来ました。


M7プラスの進化版って聞いていましたが、このM-15はまったくの別物だと思いますよ。
僕の場合はこれからはどのコースでもM-15使っちゃうでしょうね。
2ストの良さを再認識させてくれるとにかく乗っていて気持ち良いチャンバーです。

その他セッティング等のご質問、ご注文はパーツショップアルフィンまでどうぞ。

by alphin-r | 2013-05-07 09:57 | LIBRAPRO
2013年 04月 17日
リブラプロ新型チャンバー M-15

NSR/NSのミニバイクライダーなら誰もが気になるLIBRA☆PRO M-15が正式にリリースされました。
M7PLUSの進化系ですが作りは全くの新型です
d0067418_14595687.jpg

まずフランジとエキゾーストパイプが一体型になっているのが新鮮。
スムーズな排気を狙っているのとパーツ点数を少なくして軽量化に一役かっています。
d0067418_1501920.jpg

また付属しているクロス(パワースライド)プレートですが、エンジンとチャンバーの間に挟んで使用します。
※BARK-SP M9ではフランジとエキパイが分離するので間にセッティングワッシャーを入れて調整します。
このパーツにより若干中速よりのセットにする事も出来ます。
d0067418_1502940.jpg

ドライカーボンサイレンサーはM-15の為に新たに作られたサイレンサーです。
今までのカーボンに比べてもパワーが出ているみたいですよ。
d0067418_1503850.jpg

d0067418_1505173.jpg


このM-15チャンバーを装着して、筑波SP12EXPクラスで表彰台GET、続くもて北のSP-1では9さんが見事ブッチギリで優勝してます。
高回転域のパワーがかなり良い感じだとか。

僕ももちろん手に入れました!
24日にトミンで装着してみます。
楽しみだ~(^o^)
d0067418_151587.jpg

d0067418_1511897.jpg


by alphin-r | 2013-04-17 07:00 | LIBRAPRO
2013年 04月 14日
リブラプロ NSR新型チャンバーM-15
リブラプロさんから
NSRmini/NSR50/NS50対応の新型チャンバーM-15
が発売開始されました。
M-15はM7PLUSの進化版で高速域でのパワーアップを狙って開発されました。
特にロードコースや高速サーキットに適したチャンバーとなります。
セッティングを加速型に振る為のM-15専用クロスプレートも付属しています。
またM-15は新型ドライカーボンサイレンサー標準装備となります。

ちなみにM-15はM9の後継モデルでは有りません。
M9はミニバイクサーキット用として継続販売となります。
コースによって使い分ける事のがベストでしょうね。


d0067418_16343687.jpg

LIBRA☆PRO NSR M-15チャンバー


by alphin-r | 2013-04-14 16:37 | LIBRAPRO
2012年 06月 10日
TZM50R用チャンバーについて
何故か最近TZM50Rチャンバーについてのお問い合わせ、ご注文が多いです。
ミニバイクもなにげにYAMAHAブーム???

先日のリブラプロチャンバー入荷は写真の通り。
TZM用が2本、RZ用が1本、NSR80用UB+が一本です。
YAMAHA用のチャンバーって数年前はせいぜい月に1本ぐらい売れるかだったんですけどね~。
d0067418_11342445.jpg

現在売っているTZM用チャンバーはリブラプロBARK-SP M7ですが、TZMにはM9は無いんですか?
と言われます。
NSRにはM9が有るからですよね。
でもTZM用の最終形はM7です。
ミニバイクが激戦だった90年代後半にもTZM50のリブラM7装着車がEXPクラスで優勝しているので性能は折り紙つきです。
90年代後半と言えばNSR50の後期モデルが出てきた中での優勝なので、高性能の証となりますね。

ただしLIBRA☆PRO M7 のTZM用/TZR用/RZ用は受注生産なのでお届けまで1週間程度掛かります。
お急ぎの場合はお早めにご注文ください。

ご注文、お問い合わせはパーツショップアルフィンまで

by alphin-r | 2012-06-10 11:38 | LIBRAPRO
2012年 05月 22日
リブラプロNSR80用スーパーバークSPについて
少し前にブログで記事にしていますが、NSR80用スーパーバークSPチャンバーのカーボンサイレンサーが6月からオプション扱いになります。
リブラプロ社長はスーパーバークSPのカーボンはラインナップから無くそうと思っていたみたいですが、頼んでオプション扱いで残してもらいました。

パーツショップアルフィンではスーパーバークSPでカーボンサイレンサーをご希望の場合、
プラス3000円となります。

d0067418_14214616.jpg


by alphin-r | 2012-05-22 14:23 | LIBRAPRO